有名企業の会議:Apple編

中小企業から大企業まで、毎日のように会議が行われています。
そこで有名企業の会議を数回に渡ってご紹介します。
今回はAppleの会議をご紹介します。

可能な限り小さなサイズの会議をする

スティーブ・ジョブス(Apple, 元CEO)は大規模な会議を嫌い、可能な限り小さいサイズのミーティングを行っていました。
彼は「会議参加者が多いと様々な意見や考えが交錯し、シンプルで洗練されたデザインというアップルの強みを壊してしまう」と考えていました。
会議では発言のない社員を見つけては、会議から出ていくように促したという逸話があります。

参加する理由のあるメンバーのみ参加

会議に必要なメンバーとは「関係者」ではなく「当事者」の考え方のもと餞別されたメンバーでのみ会議が行われます。
当事者のみで徹底的な議論を行い、様々なイノベーションを起こしてきました。

「責任者」の指名

Appleの会議では、会議の決定事項に必ず「責任者」を指名します
※その責任者はDRI(Directly Responsible Individual)と呼ばれてます。

会議後にアクションプランが作られ、その横にはDRIが記載されます。
DRIはプラン進捗の責任者となり、以降の会議で進捗や状況を報告します。DRIの存在により、決定事項の進捗が滞らない工夫がなされています。

課題と徹底的に向き合う

スティーブ・ジョブズは形式的なプレゼンテーションではなく、フリーディスカッションを主とした自由な議論を好みました。
会議では提案されたアイディアに対し常に疑問を投げかけ、アイディア提出者にたいし「その場」でアイディアの正しさ・正当性を主張することを求めました。

プレゼン資料のスライドやプレゼンテーションツールの使用を禁止し、よりストイックに、より徹底的に議論が開催されています。


次回は「Google」の会議をご紹介します。

熊本駅から徒歩1分にあるレンタルスペース

「えきまえスペース」は熊本駅から徒歩1分にあるレンタルスペースです。
セミナー形式で最大20名様まで収容可能でプロジェクターやホワイトボード、WiFiなどの設備・備品は全て無料でお使いいただけます。
会議や打ち合わせはもちろん、研修やセミナー、企業説明会や採用活動など、様々な用途でお利用いただけます。
詳しくは「料金システム」を御覧ください。